前向き娘ともう後ろ向かない母の公立中高一貫校受験奮闘記

ようやくいじけずに前向きに勉強する気になった娘の頑張りを記録しておきたくて、ブログ始めました。

先生

娘の通っている学校は、超がつくほどのマンモス校です。

当然学級崩壊しているクラスも多々あります。学年問わず。


そんな中、娘の担任の先生が少し先行き不安になる評判の先生になりました。


担任の先生がわかって、娘に、

大丈夫かな、この先生?

と思わず聞いてしまった時、

そお?いい先生だよ。大丈夫だよ。ただ去年はなめられただけだと思う、

って言葉が返ってきました。


娘は噂ではなく、自分の目でしっかりと見て判断していました。

母は反省しました。

母が噂に惑わされてどうするんだと。


実際、この先生が担任でよかったね、ということがいくつもありました。

娘が先生好き!で6年生を過ごせることが一番かなって思います。


受検もきっと同じじゃないかしら、と思います。

転塾はしたものの、前の塾も含めて、いい先生に巡り会えたので、そのご縁に感謝しながら、進むべき道、先生を信じて娘のペースで頑張って欲しいと思います。

父と母はいくらでもサポートします。


学校の勉強なんて、と軽く言う父に対して、学校の勉強が一番大事なんだよ‼︎と叫ぶ娘は、学校で相当気合いを入れて頑張っていることと思います。


その分家でデレっとしているのかな。

少しずつ負荷をかけていきますよ。

一緒にやれば怖くない‼︎


姉が頑張っていたら、下の子も算数パズルを目標持って取り組むようになり、そのきっかけを与えてくださった塾の先生にまたもや感謝している今日この頃でした。