前向き娘ともう後ろ向かない母の公立中高一貫校受験奮闘記

ようやくいじけずに前向きに勉強する気になった娘の頑張りを記録しておきたくて、ブログ始めました。

はあ、、、算数

昨日はパパ、飲み会でした。

パパがちゃんと算数のこの単元のこの問題をやっておけ、と記録してくれていたので、予習してみました。


この単元ね、はいはい、余裕でしょう。実際に解いてみました。

??なんだこれは、え、何でこうなるの?

塾技を引っ張り出してきてようやく納得。


中学受験算数私立向けは想像を絶するややこしさで、また白髪増えそうです。

まだまだまだまだ取り組みの甘い単元が鬼のようにあります。


結局娘とあーでもないこーでもない、何でこうなるんだよーと勉強していたら、なんと予定の半分も終わりませんでした。

原理原則をしっかり理解しようと思うと時間がかかりすぎる。

パパは完全なる理系男なので、何でこうなるの?って感覚がわからないらしく、娘曰く、わかるだろ!わかるだろ!でどんどん進むらしい。私は、娘と同レベルらしく、え?何?どうして?と一緒に考えて、その結果進みがカメ。

完全に理解してから先に進みたい。


私なんかより娘の方が理解が早いから、算数大臣はパパにお任せしたいのだけど、、ママは補佐で。

パパのわかるだろ!攻撃、まずは禁止令か。



ま、いっか。

前向いて出来るだけ楽しく頑張るだけです。

11歳の子が、自分で受験するって決めて、いろんなこと我慢して頑張ってるんだもん。テレビ少々、ゲーム少々はありますが…汗

母は、楽しく勉強出来るよう努めるのだ。

娘が頑張ろうとしてるんだから、母もガンバらねばいかんのだ。


今週は受験合格作戦計画を家族で再び練って、改革せねば。

作戦によっては、環境をガラリと変えることもありかも。


娘はどんなに辛くても、怒られても決して受験辞めるって言いません。


すごいぞ、11歳、たくさんいじけてもいいのだぞ、11歳。逃げ出したっていいのだぞ、11歳。


中学受験で人生は決まらないのだから。決められてたまるか。


あ、昨日もいじけて寝転がらずに勉強できたね。やったぞ、11歳。



いっしょにがんばっていこう。




私達地方出身で、中学受験のことは何もわからず、小学生にこんなことさせるのか、とくじけそうになる気持ちを立て直すべく、今日は母の意見ばかり書いてしましましたが、明日からは本題の娘の頑張りについて綴っていきたいと思います。