前向き娘ともう後ろ向かない母の公立中高一貫校受験奮闘記

ようやくいじけずに前向きに勉強する気になった娘の頑張りを記録しておきたくて、ブログ始めました。

かえってきました

つい先日受けた栄光ゼミナール公立中高一貫オープンの結果説明を聞きに行って来ました。


とても丁寧に、かつ的確に先生が解説してくださいました。無料なのに。


・条件の読みとばしが多く見受けられた。

・作文は、よく書けているが、体験から結論への持っていき方に無理がある。

・読解では、とりあえず解き進めようとして、日本語のつながり、表現のおかしな所がある。

・算数分野では、説明せよと言われているのに、ただ式を書いただけで、説明するということの意味がわかっていない。

・計算ミス。


その他諸々、盛り沢山でした。

おかげで、取り組むべき課題がいくつか明確になりました。



結果は、可もなく不可もなく、試験を受けた人数も不明で、偏差値と、全体でどの辺に位置するかの棒グラフがありました。

模試の結果で一喜一憂しない、と決めていたので親子で淡々としてます。よくわからない、っていうのもあるんですが。

ただ、復習はしっかりと。作文も直してみようと思います。

とにかくこれからの頑張りにかかっています。



昨日、子供達は科学館へ行きました。

子供達はものづくりや実験ものが好きなので、科学館によく行きます。

昨日も楽しかったようです。一種のお勉強なのに。

娘が自分から、つくったものの仕組みを説明してくれました。こういう勉強ばかりならいいのに。


夏休みは、子供達だけでお出掛けの計画を立ててもらって、実際に出掛けてみたいと思っています。

電車の経路から、道案内、お昼はどうするのかまで全て計画してもらいます。

2人だけで電車に乗って、乗り換えして、母との待ち合わせ場所まで来れるようになったしね。

机上では出来ない勉強も、ガス抜きを兼ねてやってみたいと思います。





今日は色々と、ごにょごにょ考えます。

祖父母や様々な年齢のイトコとの時間、田舎で畑耕したり、雪かきしたり、屋根の雪下ろししたり。

ばあばちゃん、腰が痛くて大変だからとたった2人で広い畑全部、耕してくれたこともあったね。

クワガタがカワイイ顔だってことにも触ってみて初めて気付いたね。海、山、川、キャンプ、色々行ったの覚えているかな?

思いつく体験は沢山あるはず!

でも、親が思いつく理想的な体験は、娘の中では色の薄い過去の出来事となっているのかもしれません。

大切な心の財産にはなっていると思いますが。


親子で少しずつ、大切な体験を思い出してはまとめ、体験のストックを夏休みにでもまとめたいと思います。

少しつたない表現でもいいから、自分で考えて、自分の言葉で、実際に書いてもらいます。

自分の考えを持ち、伝えてもらうことは普段の生活の中で少しずつ実行しています。

どうして?どうしてそう思ったの?としつこく食い下がる母はいつの日かうざい存在になるのでしょうか。もうなってる?


本格的な作文はまだ数回しか書いてないけれど、学校の社会科見学のことなど、つい最近の出来事ばかりを書く傾向にあります。

ってことは、、、

あちこち出掛けることがなくても、学校で体験させてもらったことが立派な体験になる、と今回身を以て知りました。

社会科見学では、行く前にしっかり下調べをし、行った後は内容をまとめて振り返りもするので頭に残りやすいようですね。


どなたかのブログで、ことわざ辞典で適当にことわざを探して、そのことわざに合う体験を思い出して説明をする、という方法を拝見しました。

早速娘に提案したところ、ちょっと楽しそうって思ってくれたみたいです。

こういう楽しみながら取り組めるアイデアが思い浮かぶなんて素晴らしいですね。

どんどん実行させていただきます。ありがたいです。






まとまりのない文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

思っていることを文章にすることで、頭の中を一旦整理することができました。







何かあったときに、人の真価がわかる。

その言葉の重みを今、感じています。


娘が幸せになれるよう、最善を尽くすのみです。